恋愛・育児・メイク・占い・
ファッション・結婚 ~女性向け総合メディア~

結婚式のお呼ばれで着るドレスって何色がいい?マナーはある?

生活

結婚式ドレス

結婚式に招待されたけれど、普段馴染みのないドレスアップに、不安を感じる方もいらっしゃると思います。
実際、頭からつま先まで、結婚式の服装は、気を付けたいマナーがたくさんありますので、不安になるのも無理はありません。

そこで今回は、結婚式コーデのメインとなる、「ドレス」に焦点を当てて、ドレス選びのマナーや、人気色を調べてみました。

お呼ばれでのドレスにマナーはある?

冒頭でもご紹介した通り、結婚式でのお呼ばれドレスのマナーはあります。

このマナーを知らずにドレスを選んでしまうと、結婚式当日に後悔する可能性が高いため、失敗しないためにも、NGとなるドレスコーデを覚えてしまいましょう。

白のドレス

まずは、有名なNGドレスコーデである、「白のドレス」
なぜ白がNGなのかというと、結婚式での白は、花嫁の色だからです。
ウェディングドレスや、白無垢など、白は花嫁さんの特権とも言える色のため、ゲストが白を纏うのは、好ましくないとされています。
そのため、シルバーやアイボリーなど、白っぽいドレスにも、注意が必要です。
白いドレスでなければ、マナー違反ではないのですが、写真撮影時のフラッシュで、白く写ってしまう可能性があります。

ワンポイントアドバイス

黒やネイビーカラーの、ショールやボレロを羽織ることで、白っぽいドレスも活用できます。
しかし、黒いストッキングや黒タイツ、カラータイツを用いるのは、基本NGなので、その点は注意しましょう。

全身黒コーデ

白もダメですが、正反対の黒のドレスも、NGコーデになってしまうことがあります。
それは、ドレス・羽織もの・靴・ストッキングなど、全てを黒で統一してしまった場合です。
全身黒でまとめてしまうと、喪服を連想させ、お祝いの席には合わない服装となってしまいます。

ワンポイントアドバイス

白っぽいドレスとは逆に、黒のドレスには、シルバーやベージュなどの、ショールやボレロを羽織ることで、結婚式に合ったフォーマルな装いになります。

露出が多いドレス

肩を出していたり、スカートの丈が短かったり、肌の露出が多いドレスはNGです。
日中にフォーマルな服装が必要な場では、基本袖のないドレスはマナー違反とされているため、もし、袖のないドレスを着用する場合は、ボレロやショールを羽織るようにしましょう。

ワンポイントアドバイス

夜時間の結婚式や披露宴であれば、肩を出すドレスでもOK。
日本では、そこまで気にされませんが、夜の結婚式の場合は、イブニングドレスを着用するのが、正礼装です。

ファーやレザー素材・アニマル柄のコーデ

ファー、レザー、アニマル柄は、動物の殺生を連想させるため、NGコーデです。
このマナー違反をしている方は意外と多く、実際に筆者が参列した結婚式にも、ボレロやショールがファー素材(フェイク素材でもNGです)の方や、パンプスがレオパード柄の方がいらっしゃいましたので、よくよく注意したいですね。

ワンポイントアドバイス

コートに付いているファーなどは、そこまで気にしなくてOK。
ただし、会場に到着したら、早めにクローゼットへ預けるのが、おすすめです。

ドレス選びで気を付けたいポイントがわかったら、次章からは本題である、ドレスの色を、おすすめ色と人気色に分けて、ご紹介したいと思います。

何色がおすすめ?

次に、お呼ばれドレスのおすすめのカラーを、ご紹介したいと思います。
ドレスのタイプを、ガーリー系・フェミニン系・クール系の3つに分けて、それぞれにおすすめの色を選んでみました。

ガーリー系ドレスにおすすめの色

フリルやレース、ティアードなどがデザインに取り入れられ、ふんわりとして愛らしいデザインのガーリー系ドレスには、「ピンク系」、「アイボリー系」、「イエロー系」がおすすめ。
特にパステルカラーなど、明るい色味を選ぶとデザインとの相性が良いです。

フェミニン系ドレスにおすすめの色

シンプルなシルエットの中に、透け感のある素材や、上品なサテンなどでエレガントさを演出した、フェミニン系のドレスには、「グレー系」、「ベージュ系」、「グリーン系」がおすすめ。
シルバーグレーや、ピンクベージュ、ミントグリーンなど、おすすめ系統のカラーをベースに、自分の好みの色を加えると、選ぶ楽しさの幅が広がります。

クール系ドレスにおすすめの色

直線的なシルエットと、すっきりとしたシンプルなデザインのクール系ドレスには、「ブルー系」、「黒」、「赤系」がおすすめ。
上記2つのタイプと違い、ハッキリした印象の色を意識して選ぶと、クール系ドレスの良さが映えます。
ブルー系なら、ロイヤルブルーやネイビー、赤系ならワインレッドなどが、オーソドックスです。

人気のドレスの色

おすすめの色がわかっても、他の人がどんな色のドレスを選ぶのかも、気になりますよね。
人気色であれば、マナー違反の心配もなく、花嫁さんのお色直しドレスの色とも被りにくいため、ドレスの色を迷っている方は、以下の人気色から選んでみてはいかがでしょうか。

ネイビー

上品なだけでなく、年齢や季節問わずに着用できる利便性から、人気の高い「ネイビー」
人気の色のため、ドレスのデザインも幅広く、前章でご紹介したドレスのデザインタイプである、ガーリー系、フェミニン系、クール系のどれにも、ネイビーのドレスがあります。
そのため、好きなデザインが選びやすいのも、嬉しいポイントではないでしょうか。

フォーマルな装いで、大道の色といえば、やはり「黒」ですよね。
女性の魅力を引き立たせる色でもあることから、お呼ばれドレスの色としても人気があります。
しかし、前章でご紹介した通り、喪服のようなコーデになると、マナー違反になってしまいますので、黒ドレスを選ぶ際は、レース素材、装飾付き、サテン生地など、華やかさがプラスされるようなデザインを選ぶのが、おすすめです。

ピンクベージュ

ピンクの愛らしさと、ベージュの大人っぽさを兼ね備えた、「ピンクベージュ」
カラートーンによっては、白っぽいドレスになる心配がありますが、羽織ものや小物を黒で統一することで、NGコーデを避けられます。
他の人気カラーが、ネイビーや黒などのダークカラーなので、人気色の中でも、明るい色を選びたい方には、特におすすめです。

まとめ

最後に、お呼ばれドレスは何色を選ぶのがおすすめなのか、簡単にまとめてみました。

・マナーが心配な方には、「ネイビー」
・明るい色味で華やかにしたい方は、「ピンク」や「ベージュ」
・シックで大人っぽくしたい方は、「黒」や「赤」

マナーに沿ってドレスを選ぶことになるため、難しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、工夫次第で、どんな色のドレスもマナーに合わせて、着られることが分かりましたので、ドレスの色を決めかねている方は、まず、自分の好きな色から、選んでみてはいかがでしょうか。

合わせて読まれている記事はこちら!

おすすめの記事

 
PAGE TOP