育児・子ども

高所平気症とは何?原因は?子どもを事故から守る対策8選

子ども

みなさんは「高所平気症」をご存知でしょうか?

高所恐怖症ではなく、「高所”平気”症」です。

 

一見そこまで聞こえが悪くないように思えますが、この症状で、特に子どもに事故ケガが相次いでいるというのです…

 

今回はそんな高所平気症の原因や、事故から守る対策方法を紹介していきたいと思います!

この記事を読んで、あなたの大切なお子さんを守ってあげてくださいね!

Sponsored Link

高所平気性とは?

マンション

一般的に、「高い所にいることに恐怖感が少ない症状」のことを言います。

「高所恐怖症」とは文字通り真逆の症状ですね。

 

普通の感覚ではベランダや屋上から下を見下ろしたら、「恐い」という感覚がはたらくのですが、そのような恐怖心が全く無いというのです。

 

自分の子どもが恐怖感が無いまま、ベランダや屋上で遊んでいることを考えると、親御さんなら心配で仕方ないと思います。

一体どんなことが原因となっているのでしょうか?

 

原因は何?

実は原因ははっきりとしていて、子どもの頃に育った環境によって、高いところへの恐怖心が鈍くなってしまいます。

 

詳しく言いますと、幼いころに高層マンションで育った子どもなどは、高いところへの恐怖心が欠落してしまうのです。

幼少期から高層ビルやマンションに住んでいると、高低差の区別がつかないという声が多く挙げられております。

 

とても恐ろしいことだと思いますよね?

 

そして実はもうひとつ思いがけない原因があり、「日常生活でエレベーターを使っている」ということです。

階段で昇っていくと時間と体力を使い、心と体が、「高いところまで来た」という感覚になるのですが、エレベーターだとそれが一瞬で済んでしまいます。

 

そのことから、高いところまで上がったという感覚が薄れていくと言います。

 

子どもの事故防止の対策8選

親子

大切なわが子を守りたい、その為には一体どうすれば良いのか…

そんな親御さんに、いますぐできる事故防止の対策をご紹介いたします!

 

4歳までに低いマンションや家に移り住む。

引っ越し

もしお子さんが4歳未満ならば、まだ大丈夫。

「高所平気症」は治ります!

 

一般的には、「高いところに恐怖を感じないという感覚が治るのは4歳までが望ましい」とされています。

つまり、それまでにその感覚を治すように、住むところを低いところにすれば良いのです。

そうすることで高低感覚が通常に戻ります。

 

エレベーターを使わせない

階段

先程の通り、エレベーターを使うと一瞬で上にいくため、高いところに来たという感覚がなくなります。

その感覚を身に付けさせるために、エレベーターを使わせずに、階段で昇るように言いましょう。

 

それを心がけるだけでも、4歳前後までなら高所平気症をなんとか改善できるでしょう。

 

小さなジャングルジムで遊ばせる

子ども

高所平気症は4歳を過ぎてしまうと感覚が直しづらく、口で言って教えるのが一般的ですが、実はこんな直し方があります。

子どもに小さなジャングルジムで遊ばせる」ことです。

 

小さなジャングルジムは低めなので、なかなか高所平気症の子どもは恐怖を感じづらいと思います。

しかし、小さなジャングルジムで遊ぶ子どもは、その平気さから一度は落ちてしまい軽いけがをするというのです。

 

軽いけがを繰り返すにつれて、だんだんと良い意味で恐怖感が付いてくるというのです。

心配かとは思いますが、ぜひ近くでお子さんの成長を見守ってあげましょうね。

Sponsored Link

「高いところでは遊んではいけない」と教える

女性

子どもは4歳を過ぎてしまうと、高所平気症はかなり治りづらいと言っても過言ではありません。

 

しかし、子どもは親がきつくダメだと言ったら守る子どもは割と多いので、まず、きつく言い聞かせてお子さんを守ってあげてください。

4歳を過ぎたお子さんがいるのなら、まずはそこから始めましょう!

 

ベランダに入れないようにする

子ども

これは症状が改善するまで、または改善することが難しい時に、そして子どもがしっかりと理性を身に付けるまで、行いましょう。

 

まず子どもが入れないようになどを付けましょう。

また、その鍵は見えない高いところに隠すと良いですね。

 

目につくところに置くと、興味本位で開けてしまうかもしれません。

 

子どもをひとりにしておかない!

親子

これは「子どもを見張っていれば大丈夫!」ということでは決してありません。

 

子どもというのは、ひとりぼっちにさせると、いろんなことを考えはじめたり、ひとりの世界感覚になります。

そうすると、変なことをしたり、危険なことをしたり、純粋にそのようなことをしてしまうのです。

 

つまり、ベランダに行ってみようとか、屋上に行ってみようなどの考えが出て来るまで、ひとりにしないということです。

 

いつも留守番ばかりさせられてひとりぼっちの子どもは、親が思っているほど一人の時にいろいろしているものです。

教育においても、ひとりぼっちにさせないようにしてあげてくださいね。

 

子どもの好奇心を満たしてあげる

親子

子どもというのは、好奇心のかたまりです。

それを満たしてあげず、ゲームやテレビばかり観させていると、一人になった時や外で遊んだ時に、その好奇心を無意識に満たそうとして、高いところで遊ぶ傾向があります。

 

これは筆者も経験しており、子どもの頃は何も買ってもらえず、どこにも連れて行ってもらえず、テレビをみて留守番ばかりしていました。

そうするとよく外で木登りをして、周りが驚くほど高いところに行くことに何も感じませんでした。

 

その結果、見事落下して腕の骨を折ったことがあります。

ここからようやく高いところへの恐怖が芽生えたのですが、はっきり言って危険でした。

 

なので、そんな余計な好奇心を生まないためにも、誕生日には欲しがっているものを買ってあげたり、旅行に連れて行ったり、一緒に遊んだりしてあげてください。

 

そうすることで、子どもは危険なことを自然としなくなるでしょう。

 

おもちゃをひとつ取り上げる

子ども

これは最終手段ですが、かなり効果的です。

子どもにとっておもちゃは絶対的なもので、取り上げられると相当泣きますし、落ち込みます。

 

しかし、本当に危険だと感じたら子どもの命の為に、取り上げるのもひとつの手です。

 

子どもは返してもらうために必死になり、かなりの確率でそこに行かないと約束してくれるでしょう。

あとは子どもが成長するまでそれを繰り返しましょう。

 

しかし、高いところに行くこと自体異常なのですから、根本的に子どもを満たしてあげましょうね。

 

まとめ

高所平気症の対策方法は、いくつかあります。

  • 低いジャングルジムで遊ばせる
  • 高いところへ行こうとしたら叱る
  • そもそもベランダや危険な場所に入れないようにする
  • 階段を使わせるようにする

などなど…

 

しかし、まずなにより高所平気症というのを知っているのであれば、まず高いところに住居を決めるのは避けましょうね。

それだけで子どもが普通の感覚になると思えば、難しいことはないはずです。

 

また、この症状は先天的ではなく、後天的なものなので、改善する余地はあるということをおぼえておいてください。

 

そして、子どもを日々満たしてあげること、それがなによりの予防策になるのですよ。

そうすれば、外で遊ぶ年齢になっても安心できることでしょう。

 

大切なお子さんの命を守るために、今あなたができることをしてあげてくださいね!

Sponsored Link

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!



 HOTワード: 男ウケ コーデ
PAGE TOP