美容

枝毛をなくす方法!原因は何?切るのはあり?対策や治し方まとめ

枝毛

ふとした瞬間、視界に入る枝毛。

筆者は、枝毛を発見した際、手元にハサミなどが無い場合は、つい爪で切ってしまったり、爪で切るのを失敗して、枝毛が裂けてしまったりするのですが、これは駄目な対応です。

じゃあ、正しい枝毛への対処法や対策って、何をすればいいのか?

そこで今回は、筆者と同じような対応方法している方には、特に読んでいただきたい、枝毛をなくす方法!と題して、枝毛の原因から対策方法まで、ご紹介したいと思います。

枝毛ができる原因

いくつかある原因の中で、特に日常の行動に関わってくるものを、3つピックアップしてみました。

髪が濡れたまま寝てしまう

髪が濡れたまま放置していると、キューティクルが開いたままになります。
このキューティクルが開いた状態とは、髪のタンパク質や水分が外へ流出してしまい、髪が乾燥しやすくなっている状態のことを指します。

そこに追い打ちで、寝がえりなどで、枕と髪の摩擦が起こると、キューティクルが剥がれてしまい、枝毛の発生する可能性があがることから、濡れ髪のまま寝ることはNGです。

ヘアカラーリングやパーマの回数が多い

カラーリングやパーマも、キューティクルを剥がすことに繋がります。
しかし、カラーリングやパーマを楽しめなくなることに、抵抗がある方もいらっしゃいますよね。

そこで、髪をなるべく傷めずに、オシャレを楽しめる頻度として、3ヶ月~6ヶ月が理想とされています。
ヘアケアを考えているときは、3ヶ月以下のサイクルで、カラーリングやパーマをするのは控えつつ、楽しんでみましょう。

間違ったドライヤーの使い方をしている

枝毛を予防するためには、ドライヤーを正しく使用し、髪を濡れたままにしないことが大事です。
正しく使用しないと、ドライヤーの熱で髪を傷め、水分の流出が多くなることに繋がります。

ドライヤーで髪を乾かすポイント

・ドライヤーの前に、タオルドライを丁寧に行う。
・ドライヤーは、髪から15㎝以上離し、1箇所に当て続けない。
・頭皮を乾かすために、髪の根元に風を当てるようにする。

切るのはあり?

結論からいうと、枝毛の対処法として、切るのはありです。
というよりも、切る以外に、現在は対処方法がありません。

しかし、筆者のように、指や爪で、引っ張りながら切るのはNGです。

枝毛を切るときに、乱暴にすると、髪が痛む原因になってしまうため、枝毛を切る際はハサミを使用することがおすすめ。
切り方としては、枝毛の部分から5㎝ほど上でカットすると、枝毛の再発を防ぐことに繋がります。

枝毛の治し方!

残念ながら、枝毛が出来た髪を、元通りに戻すことはできません。

既に発生してしまった枝毛は、前章で紹介したように、切ることが対応方法となります。

しかし、枝毛ができるたびに切っていては、際限が無く、根本的な解決にはなりませんよね。
そこで、次章では、枝毛が出来ないようにするにはどうしたらよいのか、枝毛の対策方法をご紹介したいと思います。

枝毛の対策方法

1度発生した枝毛を、元通りにすることが不可能とわかったからには、枝毛対策を重視したいですよね。
では、枝毛対策として、1番に思い付く方法はなんでしょうか?

筆者がまず思い付いたのは、『トリートメント』です。
ヘアサロンなどでも、髪のダメージを整えるため、勧められたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、枝毛について調べているところ、実はこの方法が、根本的な対策方法ではないことが分かってしまいました。

トリートメントは、1週間~3週間ほどは、手触りがよくなりますが、徐々に効果が落ちるため、ヘアケアとして永続的に続くわけではありません。
イメージとしては、補修よりも、一時的な保護に近い効果となります。

では、根本的な解決方法とは、どのような方法なのでしょうか?
比較的すぐに取り組みやすい方法を、いくつかピックアップしてみました。

明るい色のカラーリングを控える

カラーリングは、髪の表面にあるキューティクルを開き、内部に染料を浸透させて髪の色を変えます。

その際に、ヘアカラー剤は、髪内部のメラニン色素を分解、脱色するよう働くのですが、この働きが髪を傷める原因となっています。

明るい色のカラーリングをするほど、メラニン色素の分解率が高く、髪へのダメージが多いため、金髪に脱色できる『ブリーチ』などは、ヘアケアを優先したい場合は、特に避ける必要があります。

保湿する

1章の「枝毛ができる原因」でもふれた、間違ったドライヤーの使い方のご紹介からもわかるように、髪の水分を保つことは、枝毛対策はもちろん、髪の広がり、切れ毛対策にもなります。

髪の乾燥を防ぐおすすめ方法

・髪を洗い流すときは、ぬるめのお湯で。
・ドライヤー前に、ヘアミルクやオイルを使用する。
・タンパク質、亜鉛の摂取を心掛ける。

睡眠をしっかりとる

肌と同じで、髪も睡眠のゴールデンタイムが適応されます。

睡眠中に分泌する成長ホルモンが、髪の修復を進めてくれるため、枝毛予防だけでなく、白髪や切れ毛などにも効果が期待出来ます。

時間に余裕があるときは、睡眠前に頭皮マッサージを行うことも、ヘアケアとしておすすめですよ。

まとめ

最後に、枝毛の原因と対策について、簡単にまとめてみました。

①濡髪・回数の多いカラーリングやパーマ・ドライヤーの使い方に注意。
②カラーリング・保湿・睡眠に、予防対策の糸口あり。
③1度発生した枝毛は、元には戻らない。

オシャレを維持しながら、枝毛対策が出来るのが、理想的ではあるのですが、両立すると、どっちつかずとなってしまう恐れがあります。

そのため、今回は、明るい髪色やパーマなどのオシャレよりも、ヘヤケアを優先としたご紹介となりました。

枝毛予防を心掛けることにより、切れ毛や白髪など、他の髪のダメージ対策にも繋がりますので、枝毛などが気になり始めたら、オシャレを少しお休みして、ヘアケアに注力することで、美髪を手に入れちゃいましょう。

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!




PAGE TOP