ファッション

春服を秋に着ても良い?おすすめの着回しコーデまとめ!

女性、春、散歩

春と秋は気候もよく似ていて涼しく、「春服と秋服を着回したい!」と思われる方は多くいらっしゃると思います。

 

けれども、そもそも春服を秋に着ても良いのか悩んでしまいますよね。

また、どういった春服が秋に着ても違和感がないのか…といった点も気になります。

 

今回は、春服と秋服の違いや、着回しのコツと春服を使った秋コーデなどを紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

春服と秋服の違い

洋服

春服と秋服はどこが違うのかと思われている方は多いと思いますが、簡単に見た目で判断出来る部分はです。

春はピンクやパステルカラーといった華やかで淡い色の服が多く、秋はブラウンやカーキといった暗く、彩度の低い色の服が多く店頭で見られます。

 

春と秋に限った話ではありませんが、季節によって「」が違うのも特徴的ですね!

同じ花柄でも、春は前述したような淡い色の花、秋は暗く落ち着いた色の花など…

 

また、気温の関係上生地の素材にも違いがあります。

春服は綿や麻などの軽い物が多く、秋服はウールなどの厚手の生地が多く使われています。

 

既に春服と秋服を着回しされている方も多いですが、その際気を付けたい事は「季節感」です。

秋に薄手過ぎる服や、春色のパステルカラーの服を着ていると少し違和感を感じてしまうかもしれません。

 

自分なりにコーディネートをしたつもりでも、季節感を間違ってしまうと周りから浮いてしまう可能性もあります。

「春に秋服を着てはいけない」「秋に春服を着てはいけない」という規則はありませんが、なるべく季節を感じられる服装を心掛けましょう!

 

☆簡単まとめ

  • 素材

この3点が春服と秋服の主な違いです!

 

秋に着るおすすめの春服アイテム!

女性、秋、散歩

春服は明るい色の物も多く、服に使用される素材も薄いため、着回しは難しいと思われるかもしれません。

 

しかし、中には秋に着ていても不自然ではない春服もたくさんあります!

秋に向け、秋に春服を着ても違和感なく着こなせる春服を見ていきましょう♪

 

チェックのシャツ

チェックのシャツは、春夏秋冬選ばずに着回せる便利なシャツです。

そして無地のシャツとは違い、赤や緑など色によって季節感を出すことが出来ます。

 

特に秋は、赤のチェックのシャツがおすすめです!

インナーも気候に合わせ、半袖でも長袖でもOKです♪

 

花柄のスカートや小物

春服には花柄が多く使われていますが、秋服にも取り入れることは可能です。

ただし、秋に使うとなると、少し暗めの花柄を選ぶ事をおすすめします。

 

例えば、茶系の素材のスカートに明るい色の花柄であれば違和感はありませんね!

花柄のスカートにスニーカーを合わせるなどのカジュアルな服装も、春と秋を選ばずに着こなす事が出来ます。

 

シフォンワンピース

春と秋は気候も穏やかなので薄着をされる方も多いと思いますが、シフォンワンピースは柔らかな素材で、見た目の印象も明るく感じるため、春と秋を選ばず着こなしが出来ます!

 

ただし、春のシフォンワンピースは肩や鎖骨を出す服も多いため、秋に着る場合には季節感を考えて肩が出ないものを着るのが良いでしょう。

肩が出ているデザインの場合は、下にインナーを着るなどして、寒々しく見えない工夫をしてみてくださいね。

 

ロングカーディガン

少し肌寒いなという時に、ロングカーディガンが便利です♪

春と秋は穏やかな気候ではありますが、朝晩は冷え込むこともあるので、ロングカーディガンは秋のファッションアイテムとしては最適です。

 

今は柄の入ったものも多く、花柄の物もあるので春秋問わず着回しができると思います。

春と秋にロングカーディガンを着回す際の注意点は、軽い素材の物を選ぶ事です。

Sponsored Link

春服を使った秋コーデまとめ!

女性、スマホ、秋

春服は明るめで見た目が軽い物が多いですが、春服を秋に着る場合は暖色系の物を使い、寒々しく見えない様に注意が必要です。

気候的に考えると薄手の物でも大丈夫ですが、見た感じが寒そうな素材は避けるようにしましょう!

 

茶系

茶系の物は白色やパステルカラーとは違い、暖かいイメージがあります。

服の素材が多少薄くても、暖かく見える印象は変わりません。

 

春服にも茶系の物は多くあるので、秋に着回しをする際には最適ですね♪

 

カーキ

カーキは秋をイメージされる方も多いと思いますが、春にも多く販売されています。

彩度が低いので、適度な暖かさも感じますね!

 

カーキのスカートやチノパンなどボトムスも多いですが、少しゆったり目の半袖や七分袖などもあるので、春に買ったカーキの物を秋に使用することもできますよ!

 

ハット

今ではおしゃれの一部になっているハットですが、黒・カーキ・茶系の色は春夏秋冬選ばす使いこなすことができます。

 

生地はフェルトの様な素材の方が秋にも合っているかと思います。

 

まとめ

  • 春服と秋服の違いは「色」「柄」「素材」
  • 着回す際は「季節感」に注意!
  • 明るい色ではなく、寒々しく見えない素材を使った春服が最適!

 

今回は春服を秋に着るコーデを紹介しましたが、実際多くの人が春服を秋に着まわしていますね!

春服を秋服のインナーとして使用する事も可能なので、比較的春と秋は着回しがしやすい部類だと思います。

 

注意すべき点は「季節感」です。

春と秋は似ているように感じますが、洋服の素材も違いますし、色味も違ってきます。

その点を注意すれば、春服と秋服を自分なりに取り入れる事ができると思いますよ♪

 

☆秋服に切り替えるタイミングについてもチェック!

Sponsored Link

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!



 HOTワード: 男ウケ コーデ
PAGE TOP