恋愛・夫婦

結婚式を挙げたくない!家族や彼氏を納得させる代替案まとめ

結婚式を挙げない

結婚式を挙げたくないと考えていても、彼氏や両親から反対され、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
反対されても、憧れない結婚式に、時間と労力とお金をかけるのに、抵抗がありますよね。

そこで今回は、結婚式を挙げない選択をした方々の口コミを参考に、結婚式を挙げたくないときに使いたい、代替え案をまとめてみました。

代替え案では、納得してもらえない場合の妥協案も含めてご紹介しておりますので、参考にしていただければと思います。

結婚式を挙げたくない人は意外と多い!?

結婚式を挙げない形態を表す、『ナシ婚』。
この単語が、数年前から使われていることからも分かるように、結婚式を挙げたくない方は、年々増えています。

ではなぜ、結婚式を挙げたくないのか?代表的なのは、以下の理由からのようです。

結婚式にお金をかけたくない

結婚式を挙げたくない理由として、一番多い意見が『経済事情』です。
近年は、結婚式にお金をかけるよりも、これからの生活資金や貯金にしたいことから、婚姻届を提出するだけで済ませたいと、考えている方も少なくありません。
他にも、ゲストにご祝儀を払ってもらうことに、気が引けるなどの意見も見受けられました。

人前で目立つのが苦手

人前で目立つのが苦手という理由を挙げる方も、多くいらっしゃいます。
実際、結婚式は、お色直しやブーケトスなど、新婦が目立つシーンが満載で、目立つことが苦手な方としては、ずっと緊張してしまい、楽しいイベントとは正反対なのではないでしょうか。

再婚だから

結婚式を経験している再婚者も、結婚式を挙げない選択をされる方がいらっしゃるようです。
再び誓いを立てるのに抵抗がある場合や、2度目の結婚式で、ゲストに再度ご祝儀の負担をさせることが申し訳無いなど、理由はさまざまです。
ですが、再婚相手が未婚者である場合は、相手の意見を尊重し結婚式を挙げることも珍しくありません。

結婚式をしない場合の代替案まとめ

結婚式は挙げたくないけれど、まったく何もしないのは気が引ける場合や、結婚式を挙げないことについて説得する材料として、以下のような代替え案はいかがでしょうか。

会食

1つ目の代替え案は、両家ご家族を含めた『会食』です。
結納とは別に行うのがポイントで、無事に婚姻届が受理されたことへのご報告を兼ねて、食事会を行います。
会食会場は、料亭やホテル、もしくは個室のあるレストランなどがお勧めです。

旅行

両家ご家族を連れて『旅行』を選択する方もいらっしゃるようです。
ハードルが高い計画ですが、慣れない結婚式よりも、旅行の方が家族同士でゆっくり話せることにより、仲が深まるなどの意見もあるようです。
実際に、結婚式を挙げないカップル向けに、家族だけで参加する、ナシ婚用の旅行プランを手掛けているホテルも増えています。

フォトウェディング

代替え案として大道である『フォトウェディング』。
結婚式はしないけれど、記念として形に残したいと考えるカップルに人気があるようです。
家族や友人なども、一緒に撮影することが可能なプランにする場合は、フォトウェディングの後に会食をするなど、代替え案同士を組み合わせて計画を立てても良いかもしれません。

家族や彼氏が納得しない場合

納得してもらえない相手が、彼氏さんのみであれば、前章でご紹介した代替え案を交えて、とことん話し合うことが、お勧めです。
しかし、結婚相手のご両親が納得しない場合、結婚前に反感を買うことを、避けたい方も多いかと思います。

その場合は、「挙式のみ披露宴はなし」を提案してみてはいかがでしょうか。

結婚式を挙げたくない意見から、挙式のみならとの意見に変更したら、相手側も妥協案として賛成してもらえる可能性があります。
挙式のみの費用の相場は、10万円~20万円程度と、経済面を考えると嬉しい金額です。

他にも、結婚式を挙げたくない理由が、目立つのが苦手な方の場合は、『誓いのキス』や『ファーストバイト』など、目立つタイミングをプランから外すなど、演出を変更することを妥協案として、提案してみてはいかがでしょうか。

まとめ

最後に、結婚式を挙げない場合について、簡単にまとめてみました。

・フォトウェディングなど、代替え案を交えてナシ婚を勧めてみる。
・それでも納得してもらえない場合は、妥協案を考えるのも一考する。
・妥協案は、披露宴をやめておく、演出を変更するなど、引き算でプランを練るのがお勧め。

「結婚式を挙げない!」と、最初から意見をぶつけるのは、一度抑えてみましょう。
ナシ婚に納得してもらうためにも、挙げたくない理由や、代替え案、妥協案を用意することで、相手も話を聞き入れやすくなる可能性があります。
理想とする、結婚プランを実現させるためにも、自身がウエディングプランナーになった気分で、提案してみてはいかがでしょうか。

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!




PAGE TOP