恋愛・夫婦

不倫が辛い!やめたい・諦めたいあなたが実践するべきことまとめ

不倫

不倫が辛い、不倫をやめたい、この気持ちを諦めたい。
こう考えている時点で、既に不倫をやめる第一歩を、踏み出しています。

ですが、実際どうしたら、不倫関係をやめることが出来るのか?
別れ際、トラブルが起きないようにするには、どうしたら良いのか?

そこで今回は、「不倫が辛い!やめたい・諦めたいあなたが実践するべきことまとめ」と題して、不倫相手と別れられない心理状態や、別れるために実践したい方法などを、ご紹介したいと思います。

不倫相手と別れられない心理とは

別れられない心理として、相手のことが好きだから別れられない。これは、基本的な話かと思います。
これは、不倫であろうが、一般的な恋愛であろうが、湧き上がる感情です。

では、『不倫』ならではの、別れられない心理についてを調べるのであれば、不倫ならではの特徴的な面を、探していく必要があるのではと考えました。

そこで今回、注目したのが、『カリギュラ効果』です。

カリギュラ効果とは?

カリギュラ効果(カリギュラこうか)とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことをいう。
例えば、「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなる心理現象が挙げられる。

引用元:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

不倫相手と別れられない心理として『依存性』や、金銭面などでの『利害関係』なども挙げられることがありますが、これらは、一般の恋愛でも生じる可能性がある心理なのではないかと考えます。

しかし、「禁止されるほどやってみたくなる心理現象」である、カリギュラ効果が及ぼす刺激は、不倫相手と別れられない心理の1つとして、働いているのではないでしょうか。

勿論、不倫している全ての方が、この現象に当てはまるわけではありません。
あくまでも、不倫ならではの心理現象の1つとしてご紹介しておりますので、ご了承ください。

不倫をやめたいあなたが実践するべきこと3選

まずは、不倫をやめるため、自身の気持ちと向き合う方法を、3つピックアップしてみました。

刺激に依存していることに気付く

カリギュラ効果は、禁止されるほどやってみたくなる心理現象であることから、禁止されていることを行うと、欲に対して、強い刺激を得ることが出来ます。
特に、不倫関係を繰り返す人は、この刺激に依存している可能性がありますので、まずはその点を断ち切ることを考えてみましょう。

不倫相手の嫌なところを書き出す

不倫関係をやめる方法として、恋愛感情を冷めさせることは、効果的です。
そこで、不倫相手の嫌なところを、ノート等に書き出してみましょう。

不倫はリスクの高い行動です。そのリスクを、貴方にも負わせて、関係を続けることを求めてくる不倫相手は、恋愛相手として魅力的な部分ばかりでしょうか?
辛い作業ですが、落ち着いて考えながら、ノートに書き出してみることを、お勧めします。

自分の考えを否定する人と距離を置く

何度も申し上げていますが、カリギュラ効果は、禁止されるほどやってみたくなる心理現象です。

つまり、不倫関係を否定する人や、情報から距離を置くことで、冷静に自身と向き合う時間を作れる可能性があります。
この方法は、不倫をやめる!と強い意志を持っている方だけに、お勧めする方法です。

※注意※

この章で、ご紹介した方法は、禁止されるほどやってみたくなる『刺激』を、不倫に求めている方に対して、効果が期待出来る方法です。
承認欲求へなどの『依存性』が強い方には、逆効果になる可能性があります。

別れる際の伝え方

不倫相手と別れる際には、好きだという気持ちが残っていることを相手に気付かせないことと、不倫をやめると決めた気持ちが、ブレないようにするのがポイント。

これらの覚悟を決めて、行動を起こせる方には、以下の伝え方がお勧めです。

不倫に疲れた

正直に、不倫関係を続けることが疲れたと伝える。王道な手段です。

実際に、不倫は疲れることの多い恋愛であり、それは不倫相手も分かっているはずです。
そのため、その点を理由に、別れを切り出されると引き留め難く、相手も別れを受け入れることが期待出来ます。

しかし、結婚相手とは別れる!などと、相手が言い出す可能性もあります。
その時は、結婚相手と別れてから再び会いに来て欲しいと、不倫関係を続ける気が無いことを、はっきり伝えることが大切です。

関係を続けるのに期限を設けていた

「不倫関係を続けるのは、1年間と決めていた」
ドラマチックな台詞になってしまいますが、相手に別れる意思が強いと感じさせる手段の1つです。

不倫相手が『ロマンチスト』、『妄想癖』、『ナルシスト』気質な人には、特に効果が期待出来ます。
しかし、自分自身がロマンチックな展開に弱いタイプであれば、この方法は止めておきましょう。
不倫をやめる覚悟が、弱まる危険性があります。

忙しくなるので、今後会う時間が取れなくなる

この伝え方は、自然消滅を狙った方法です。
実は、会う時間を無くして、フェードアウトする方法は、不倫関係を解消する手段としても、よく使われているようです。
特に、相手が不倫を遊びと割り切っている人であれば、自然消滅が狙いやすいです。

しかし、相手が不倫関係に依存している人だと、かえって依存度を加速させる可能性があるため、相手のタイプによって使い分ける必要があります。

まとめ

不倫関係に関わらず、罪悪感を覚える行動は、長期間や回数を重ねる毎に慣れが生じてしまい、抜け出すことが、難しくなっていく傾向があります。

辛く悲しい道を通ることになりますが、不倫関係に慣れてしまう前に、早く抜け出し、罪悪感の荷を下ろしてみましょう。
もし、すぐに動き出すことが出来なくても、自分自身のために、別れる行動を実践することを、忘れないようにしていただければと思います。

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!




PAGE TOP