恋愛・夫婦

結婚指輪と婚約指輪の違いって?兼用できるデザインも紹介!

結婚と婚約指輪

結婚を決めたら、「結婚指輪」と「婚約指輪」を用意する方が大半かと思います。
では、なぜこの2つの指輪を用意するのか、ご存知でしょうか?

プロポーズのときに用意するのが、婚約指輪。結婚式のときに用意するのが、結婚指輪ということはわかるのですが、なぜ必要なのかと聞かれると、筆者は説明できませんでした。

そこで今回は、結婚指輪と婚約指輪の違いをご紹介したいと思います。
あわせて、近年増えているスタイル、「結婚指輪と婚約指輪の兼用」での、おすすめの指輪のデザインもご紹介いたします。

結婚指輪と婚約指輪の違い

簡潔に説明してしまうと、結婚指輪と婚約指輪の違いは、「約束」と「証」です。
詳しい由来については諸説ありますが、その中でも代表的な違いについてご紹介いたします。

「結婚の約束」を形にした婚約指輪

実は結婚指輪よりも、歴史の古い習慣とされる「婚約指輪」。「エンゲージリング」とも呼ばれますね。
古代ローマ時代には存在していたとされ、当時は結婚の「約束」を反故しないために、鉄の輪を女性の父親に渡したり、いくつかの法的な義務が発生したりと、当時の婚約指輪は、効力の強いものだったとされています。
現在は、その風習の一部である、「結婚の約束」の意味が残り、婚約指輪として成り立っています。

「結婚の証」となる結婚指輪

婚約指輪の次に習慣化されたとされる「結婚指輪」。日本では「マリッジリング」とも呼ばれますね。
結婚式で、男女お互いに指輪を交換するこの習慣は、キリスト教が、「結婚とは、神の御前で約束をすることで、永遠に結ばれる」と、定めたことが始まりとされています。
その際、神の御前(教会)で結婚した「証」として、指輪を交換することを推奨し、この指輪の交換を初めて行ったのが、ローマ教皇ニコラウスⅠ世でした。
この出来事をきっかけに結婚指輪の存在が広まり、現在では習慣化されることになったとされています。

両方1つで同じにするのはアリ?

婚約指輪と結婚指輪を兼用にするケースは、徐々に増えていることから、筆者としては「アリ」と考えます。

特に、近年では経済情勢が不安定な点から、費用がかさむ婚約指輪を省くケースもみられるため、1つの指輪で婚約と結婚の2つの意味合いを持たせても、珍しいことではなくなってきています。

それ以外の理由としても、職業柄指輪ができない方や、そもそも普段アクセサリー類を好んで使わないので2つもいらない方も、少なくはありません。

結婚指輪+婚約指輪兼用のデザイン

結婚指輪と婚約指輪を兼用にする場合に、人気のあるデザインは『エタニティリング』です。

エタニティリングとは?

リングの全周にダイヤモンドが並んでいるデザインのことを、エタニティリングと呼びます。
ダイヤモンドが並んでいるといえど、基本はストレートラインのリングが多いため、派手過ぎずカジュアルでも、フォーマルでも使えるのが嬉しいデザインです。

兼用におすすめのエタニティリングデザイン

同じエタニティリングでも、プラチナとゴールドでは、イメージがかなり変わります。
他にも、男性側の指輪に工夫をすることで特別感を出すことも可能ですので、エタニティリングと決めても、以下のデザインのように、幅広く選ぶことができます。

https://twitter.com/kouki_ring/status/1238428623297638400

重ねづけもおしゃれに見えるデザイン

婚約指輪と結婚指輪を、重ねづけする方も多いですよね。
実際に、重ねづけする前提で考えられているデザインの指輪も多く販売されており、人気があるようです。

重ねづけにおすすめのデザイン

重ねづけでも、指輪同士の明確な違いが出せるエタニティリングは、人気があります。
特に、婚約指輪をエタニティリング、結婚指輪を石なしのストレートラインリングでのシンプルなデザイン同士だと普段使いしやすいことから、よく選ばれる組み合わせのようです。

https://twitter.com/yudukiyudu_/status/1310397629625376768

まとめ

最後に、婚約指輪と結婚指輪について、簡単にまとめてみました。

・婚約指輪と結婚指輪の違いは「約束」と「証」。
・兼用にするなら「エタニティリング」がおすすめ。
・重ねづけは、シンプルなデザイン同士が人気あり。

結婚にまつわる指輪の習慣は、一般的ですが神秘的でもあることから、長い歴史の中で女性の憧れへと変化していったことがわかります。
兼用でも専用でも、それぞれの意味が込められていることに違いはありませんので、2人に合ったスタイルで、指輪を選んでみてはいかがでしょうか。

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!




PAGE TOP