恋愛・夫婦

別居婚と離婚の違いとは?手続きは必要?メリットとデメリットまとめ

別居婚

近頃、『別居婚』をする夫婦が、増えていると耳にすることがあります。

筆者の知り合いにも、実際に別居婚をしている夫婦がおり、その夫婦の別居婚生活についての話を聞いて、羨ましいと思う女性も多いです。

しかし、別居と聞くと、マイナスなイメージを持つ方もいらっしゃり、別居婚が離婚原因に繋がるのではないかと、危惧しているようです。

そこで今回は、別居婚と離婚の違いとは?をテーマに、別居婚について調べてみました。
実際に、別居婚生活をしている夫婦にお話を聞いてまとめた、メリットとデメリットもご紹介いたしますので、別居婚に興味のある方は、ぜひご覧ください。

そもそも別居婚とは何?

別居婚とは、婚姻関係が継続している状態で、別々の住まいで生活している夫婦のスタイルを指します。
夫婦がお互いに、別の住居で生活することを合意している場合に、成り立つことが特徴です。

もし、別居することについて、どちらか一方が同意しない場合は、民法第752条 夫婦の同居義務への違反となり、離婚などの際に、不利となる状況を作り上げます。

離婚との違い

離婚との違いは、単純に婚姻関係が継続されているかです。
ですので、婚姻関係に関する法的制約が発生するかどうかが、明確な違いといえます。

1つ例えを挙げると、婚姻が成立している別居婚は、夫婦は互いに生活費(婚姻費用)を分担し合わなければならないとされています。
(必ずではなく、夫婦間でのルールなどで、生活費を分けている別居婚も多々あります。)
しかし、離婚をしている場合は、生活費を分担する制約は無くなります。

別居婚に手続きは必要?

別居婚に関する法的な手続きは、今のところ存在しません。
強いて言えば、婚姻関係を結ばないと別居婚にはならないため、婚姻届を提出することぐらいです。

ですが、法的手続きが特別に無くても、別居婚をするうえで、夫婦間でのルールを決めておくことは重要です。
以下に、別居婚をするうえで、決めたいルールの例をご紹介いたします。

生活費について

生活費(婚姻費用)を分担するのか、それぞれ生活費を分けて暮らすのかなど、生活費のルール決めは必須です。
大概の別居婚は、生活費をそれぞれで管理している方が、多いようですね。

一緒に過ごすスケジュールについて

別居婚は、どうしても夫婦のコミュニケーションが少なくなります。
極端なコミュニケーション不足は、離婚原因に繋がるため、週末は会うようにするなど、夫婦一緒に過ごす時間を、前もって決めておくと安心です。

将来的な行く末について

一緒に過ごす頻度が低い別居婚は、婚姻関係を結んでいる意味を見失いやすいです。
そのため、別居婚を始める前に、子どもが生まれた際の別居婚についてや、老後の過ごし方など、将来的な目的を話し合うことを決めておくのも大事です。

別居婚のメリットとデメリット

別居婚と離婚について、大まかな違いが分かったところで、今度は実際に別居婚をした場合のメリットとデメリットをみていきましょう。
ここでは、すでに別居婚をしている夫婦の意見を参考に、メリットとデメリットを、それぞれ3つずつにして、まとめてみました。

メリット① 自分のために使う時間が増える

同居婚でよく挙がる不満として、家族の世話ばかりで自分の時間が無いなどがありますが、別居婚ではその心配がありません。
別居婚であれば、趣味や仕事に時間を費やせるよう、スケジュール管理がしやすいのは、大きなメリットです。

メリット② 倦怠期の心配が減る

常に一緒に過ごしているわけではないので、新鮮な気持ちで夫婦の関係を続けやすいため、倦怠期の心配が少ないとのこと。
会えない時間が愛を育むとは聞きますが、それを地で行く別居婚スタイルは、円満な夫婦生活を続けるコツの1つとなっているようです。

メリット③ 喧嘩時の冷却時間が取りやすい

喧嘩がヒートアップして収拾がつかないなどの場合、同居婚ですと、意図的に無視したり避けたりする必要があり、かえって火に油を注ぐことになりかねない場合があります。
ですが、別居婚であれば、住まいが別々のため、自然と冷却時間を設けやすいそうです。
1人で過ごす時間の中で、喧嘩について反省し、お互いに相手に謝れる夫婦であれば、別居婚は過ごしやすい夫婦生活なのではないでしょうか。

デメリット① 浮気をされやすい環境になる

1人でいる時間と、別々の住まいがあれば、浮気がしやすい環境とも言えます。
実際に浮気などしていなくても、疑心暗鬼になりやすいので、別居婚はお互いを信頼しあっている夫婦でなければ難しいようです。

デメリット② 生活費がかさむ

別居婚は、家賃や光熱費など、お互いにかかりますので、同居婚と比べると生活費が多くなります。
仕事が順調であれば問題ないですが、体調を崩したなど、どちらかが仕事が出来なくなった場合は、別居婚の継続などを話し合う必要があります。

デメリット③ 離婚理由として『別居』が使い難くなる

結婚してから、同居を続けている夫婦が、別居を始めた場合、夫婦の同居義務の破綻とみなされ、離婚理由として、使用することが出来る場合があります。
しかし、別居婚は、婚姻関係を結んだ当初から、別居をしているパターンが多く、そのため別居が理由で、夫婦関係が破綻していると評価することが出来ない可能性があります。

まとめ

今回、別居婚を調べて行くうちに感じたのは、別居婚だから楽ではなく、同居婚も別居婚も、それぞれメリットとデメリットが存在し、夫婦生活を円満に過ごしていくための努力が必須ということです。

別居婚に興味があり、実践してみようか考えている方は、まず自分とパートナーが、別居婚に向いているタイプか、お互いに話し合えるかどうかを確認してみることから始めてみるのが、お勧め。

何故なら、別居婚は、よりお互いの気持ちを伝えて、考えをすり合わせていくことが重要になるためです。
円満な別居婚を始める準備として、一度試してみてはいかがでしょうか。

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!




PAGE TOP