季節のイベント

津花火大会2017!穴場やおすすめ場所はどこ?交通規制に注意!

津花火大会

出典:第66回津花火大会2017|イベント・祭り|津市観光協会公式サイト レッ津ゴー旅ガイド

三重県では「桑名水郷花火大会」「熊野大花火」など、様々な有名花火大会があります。

その中でも比較的観客数が多い「津花火大会」をご存知でしょうか?

 

上記の花火大会に埋もれがちですが、津花火大会の平均観客数はなんと約15万人!

大正時代から続いている歴史の古い花火大会でもあります。

 

今回はそんな津花火大会の穴場スポット交通規制情報について紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

津花花火大会の歴史・特徴   

歴史

まず、津花花火大会にはどういった歴史があるかご存知でしょうか?

もしご存知なければ、参加をする前にぜひおさらいしてみてください!

 

津市の夏の風物詩として大正時代にはじまり、第二次世界大戦にて一時中断したが、1950年(昭和25年)に新たに第1回大会としてスタートした。

観覧席に限界まで近づけた台船上で、多彩なスターマインを短時間に次々と打ち上げる。

海を舞台に繰り広げられる津花火大会の呼び物である海上花火は、疾走する船から次々と花火玉を海中に投げ込み、孔雀が一斉に羽を広げた華麗な姿を連想させる。

出典:津花火大会 – Wikipedia

歴史を振り返ると、なんと大正時代までさかのぼることになります!

中断は挟んだものの、1950年から第一回目とスタートしたため、67年もの間続けられていた花火大会になります!

 

また、津花火大会は「」が舞台となります。

海上で打ち上げられる花火は圧巻の一言!

ぜひ生でご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

穴場スポットやおすすめの場所はどこ?

女性

毎年15万人前後が訪れる津花火大会。

いくら穴場スポット言えども、ある程度の混雑は免れませんが、早めの場所取りをすれば比較的スムーズに見ることが出来ます!

 

この項目では、おすすめの場所(穴場)を紹介していきますね!

 

なぎさまち(贄崎灯台)

津松坂港にある打ち上げ会場近くの商業施設になります。

駐車場もありますので、車で来場される方には、おすすめの穴場スポットです♪

 

御殿場海岸

2km以上におよぶ海岸線が続きます。

浜辺に座り、花火を楽しむことが出来ます♪

 

ぜひレジャーシートや飲み物などを持参して確保しに行きたいところですね!

 

安濃川の防波堤

※地図は安濃川

花火打ち上げ会場から離れてしまうため、花火の臨場感は多少欠けてしまいます。

しかしその分人も少なめですので、ゆっくりと花火を鑑賞したい方にはおすすめです!

 

ベイスクエア津 ラッツ

こちらはショッピングモールになりますので、食料品の調達やトイレはもちろん、開催時間までお買い物を楽しむことが出来ます!

駐車場が大きいため、車で来場される方にはおすすめの穴場スポットです。

Sponsored Link

日程と開催時間

開催日:2017年7月29日(土)
※小雨決行、荒天の場合は7月30日(日)に延期。

開催時間:19:45~21:00

 

小雨でも開催されますが、荒天の場合は7月30日(日)に延期されます。

7月30日も荒天の場合は7月31日(月)に更に延期されますが、それ以降の延期はありません。

 

アクセスと最寄り駅

会場:津市阿漕浦(あこぎうら)海岸一帯

※打ち上げ場所は海上になります。

 

最寄り駅

JR:近鉄津駅

東口の3番バス乗り場からシャトルバス運行が運行される予定です!(片道220円)

 

■主要駅からのアクセス

  • 東京→品川→名古屋→近鉄名古屋→津
  • 新横浜→名古屋→近鉄名古屋→津

 

  • 名古屋→近鉄名古屋→津

 

  • 新大阪→なんば→大阪難波→津
  • 新大阪→なんば→鶴橋→津

 

  • 三島→沼津→静岡→名古屋→近鉄名古屋→津
  • 沼津→静岡→名古屋→近鉄名古屋→津
  • 静岡→名古屋→近鉄名古屋→津

 

交通規制について

信号

基本は公共交通機関の利用を推奨しているのですが、様々な理由でお車の方もいらっしゃるかもしれません。

交通規制に関しましても、紹介しておきますね!

 

【交通規制】
付近一帯は終日自動車禁止区域

と、なっております。

どうしても車で行きたい!という方は、最寄り駅である近鉄津駅周辺の駐車場をご検討下さい。

※ただし、場所によっては自動車禁止区域に指定されているエリアの可能性もあります。
なるべく会場から離れた駐車場を選ぶことをおすすめします。

近鉄津駅周辺の駐車場(GoogleMapに飛びます)

 

まとめ

開催場所:津市阿漕浦(あこぎうら)海岸一帯船
開催日:2017年7月29日(土) ※雨天決行、荒天の場合は7月30日(日)に延期。
開催時間:19:45~21:00
最寄り駅:近鉄津駅(JR)

 

海上を彩るダイナミックな花火が毎年打ち上がる津花火大会。

駅からシャトルバスも出ているので、県外の方にも安心ですね♪

 

今年は是非、迫力満点な津花火大会に参加されることをおすすめします!

 

☆ほか、おすすめの花火大会まとめ!

Sponsored Link

 

関連記事

  1. 佐世保シーサイドフェスティバル
  2. 白浜花火大会

    季節のイベント

    白浜花火大会2017!日程はいつ?おすすめのホテルや穴場は?

    出典:白浜花火大会 | 白浜観光協会公式サイト | 南紀白浜観光ガ…

  3. 秋田竿燈まつり

    季節のイベント

    秋田竿燈まつり2017!日程はいつ?おすすめの観覧席の場所は?

    東北三大祭りのひとつである「秋田竿燈まつり」をご存知でしょうか…

  4. 塩竈みなと祭

    季節のイベント

    塩竈みなと祭2017!日程はいつ?花火の穴場は?交通規制に注意!

    松島といえば日本三景の1つと数えられている有名な観光スポットで…

  5. 有明海花火フェスタ

    季節のイベント

    有明海花火フェスタ2017!穴場スポットまとめ!駐車場は?

    出典:柳川市公式ウェブサイト / 第18回有明海花火フェスタ…

  6. にいはま納涼花火大会

    季節のイベント

    新居浜花火大会2017!穴場スポットはどこ?屋台はいくつある?

    出典:にいはま納涼花火大会 | 新居浜商工会議所四国最大級…

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!



 HOTワード: 浴衣 男ウケ

Sponsored Link

PAGE TOP