レジャー

夏休み旅行2018!沖縄でおすすめの観光地はどこ?穴場も紹介!

海の透明度の高さ、沖縄の方言、料理、沖縄独特の雰囲気など、沖縄の魅力にはまる人は絶えません。

特に大型連休である夏休みに沖縄旅行を考えている人も多いのではないでしょうか?

 

今回の記事では2018年におすすめできる夏休みシーズンの沖縄の大人気観光地や穴場スポットなどを紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

夏休みに沖縄がおすすめな理由

沖縄、海、夏

昔から沖縄は、夏休みに人気のレジャースポットです。

都会の忙しい日々から離れ、沖縄ならではのゆったりとした雰囲気に包まれることで、貴重な夏のバカンスを心ゆくまで楽しむ事ができます。

 

そして、沖縄の魅力はなんと言っても「」!

マリンアクティビティが豊富な沖縄では海水浴はもちろん、透明度の高い海でシュノーケリングやスキューバダイビングなども楽しむことができますよ♪

 

沖縄でおすすめの観光地!

沖縄、水族館

ここからは、沖縄で大人気のおすすめ観光地をチェックしていきましょう!

 

沖縄美ら海水族館

住所:
沖縄県国頭郡本部町石川424
料金:
大人:1,850円
高校生:1,230円
小・中学生:610円
6歳未満:無料
公式サイト:
沖縄美ら海水族館 – 沖縄の美ら海を、次の世代へ。-

沖縄観光では外せないスポットですね!

沖縄の海を自然に近い状態で再現しており、豊かな自然を感じられます。

世界最大級の大水槽「黒潮の海」では、世界で初めてジンベエザメとマンタの複数飼育に成功していることで有名です。

イルカたちと触れ合えることもでき、時間を忘れて楽しめること間違いありません!

 

国際通り

住所:
沖縄県那覇市久茂地、牧志、安里、松尾
公式サイト:
【公式】那覇市国際通り商店街

那覇市の中心部約1.6kmにわたる有名なメインストリートです。

沖縄テイストを存分に感じられる飲食店やお土産品店、雑貨屋が並びます。

街歩きや買い物を楽しめる定番の観光スポットで、沖縄に訪れるたくさんの人で賑わう沖縄随一の繁華街です。

国際通り散策をぜひ楽しんでみてください!

 

オリオンハッピーパーク

住所:
沖縄県名護市東江2丁目2‐1
料金:
無料
公式サイト:
オリオンハッピーパーク – オリオンビール

沖縄本島北部にある工場見学施設「オリオンハッピーパーク

県内シェアの5割以上を占めるオリオンビールの製造工場にて、製造ラインの見学をすることができます!

ひと味違う沖縄観光におすすめです♪

 

ガンガラーの谷

住所:
沖縄県南城市玉城前川202
ガイドツアー参加料:
大人2,200円
学生1,700円
中学生以下無料(保護者同伴)
※飲み物、保険料込
公式サイト:
ガンガラーの谷

「ガンガラーの谷」は50万年前の鍾乳洞跡に広がる亜熱帯の森です。

ガジュマルの大木や、命の誕生を祈るイキガ洞、港川人の発掘調査が行われている武芸洞などが点在。

沖縄の自然の神秘に触れられるこの谷へは、ガイドと一緒に歩くツアーに参加した人だけが足を踏み入れることができますよ!

Sponsored Link

2018年沖縄夏のイベント情報

沖縄、海、夏

沖縄旅行をする!となると、せっかくなら沖縄で開催される季節限定のイベントも気になりますよね。

ということで、続いては2018年に沖縄で開催されるイベントを紹介していきたいと思います!

 

てぃんがーらガーデン2018

開催地:
「ロイヤルホテル 沖縄残波岬」
沖縄県中頭郡読谷村字宇座1575
開催期間:
7月21日(土)~8月26日(日)
公式サイト:
【公式】ロイヤルホテル 沖縄残波岬|沖縄・読谷のリゾートホテル

読谷村にある「ロイヤルホテル 沖縄残波岬」で毎年恒例の「てぃんがーらガーデン2018」が開催されます!

ホテルのプールサイドで行われる毎年人気のイベントで、ライブステージやビンゴ大会などが開催され、イベント終盤には迫力満点の打ち上げ花火が夜空を彩ります。

夏の思い出に沖縄の花火を見に行きましょう!

 

ISLAND MUSIC FESTIVAL

開催地:
ぎのわん海浜公園
宜野湾市真志喜4丁目2番1号
開催期間:
8月11日(土)
料金:
500円ドリンクチケット購入で入場無料
各種チケットあり
公式サイト:
【OFFICIAL】ISLAND MUSIC FESTIVAL 2018

今年は「WATER BUBBLE FESTIVAL」「IRIE CAMP」「ビーチビアフェス」の3イベントが合同開催されます!

「WATER BUBBLE FESTIVAL」は5000人が入れる特大プールがトロピカルビーチに設置され、プールの上から泡が降ってくる泡フェス。

今年は例年と一味違い、夜になると幻想的なライトアップが実施される予定だそうです!

会場に響き渡るDJサウンドと、鮮やかにライトアップされた泡が上から降ってくるという幻想的な空間は体験したもの勝ち!

フードコートやBBQエリアもあるので、ビーチサイドで音楽とお祭りを同時に楽しむ事もできます。

さらに今年は500円ドリンクチケットを購入すると入場料無料と、とってもリーズナブルです♪

Sponsored Link

沖縄の穴場スポットは?

沖縄、夏、ハイビスカス、花

沖縄旅行や沖縄でのイベントは人気がある分、ある程度の混雑も予想されます。

ということで、混雑を避けてゆったりと沖縄を楽しみたい人必見の穴場スポットも紹介します!

 

備瀬ビーチ

住所:
沖縄県国頭郡本部町備瀬
公式サイト:
備瀬ビーチ|沖縄ビーチ情報

美ら海水族館の近くにあるビーチですが、人があまりおらず景色をゆっくりと堪能できるスポットです♪

海や夕日を眺めながら、心穏やかに過ごしてみてはいかがでしょうか?

 

ター滝

住所:
沖縄県国頭郡大宜味村字津波
公式サイト:
ター滝|心と体をリフレッシュ!亜熱帯の森をトレッキングしよう

夏の沖縄と言えば海をイメージしがちですが、もっと冷たさを感じられる場所と言えば「川」です。

ター滝は観光客にそこまで知られていない穴場スポットで、利用客は地元の人がほとんどというほど。

周りはジャングルの雰囲気を漂わせており、30〜40分程歩けば滝が見えてきますよ♪

歩道がないため岩の上を歩いたり、水の中を進んだりとまさにアドベンチャー!

訪れる際には滑りにくい靴と、水に濡れてもいい格好を準備しましょう!

 

水納島

住所:
沖縄県国頭郡本部町瀬底
料金:
往復:1,710円
片道:900円
公式サイト:
水納島ってどうやって行くの?アクセス・見どころ紹介|トリッパー

水納島と書いて(みんなじま)と読む沖縄北部の本部町にある島です。

渡久地港(とぐちこう)からフェリーで15分程度。

上から見ると三日月の形をしており、クロワッサンアイランドとも呼ばれています。

コンビニや病院などは一切なく、とても静かで「これぞ沖縄の離島」という感じ!

船で島に近づくに連れ海の色の透明度が増していき、見ごたえがありますよ♪

 

まとめ

気になるスポットはみつかりましたか?

人気の定番スポットから穴場スポットまで、様々な観光地を紹介していきました!

今年の夏休みには沖縄におとずれて、心も体もリフレッシュしましょう♪

Sponsored Link

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!



 HOTワード: 男ウケ 

  スポンサー検索




PAGE TOP