レジャー

夏休み旅行2017!沖縄でおすすめの観光地はどこ?穴場も紹介!

沖縄、海、夏

夏休みの旅行先、毎年悩みますよね。

旅行先が数ある中、今回注目したいのは「沖縄県」です!

 

比較的定番で人気もありますが、「暑くて出歩けないし海も温かすぎるのでは…?」と気になりますよね。

しかし、実際沖縄旅行のリピーターの多くは夏の時期に訪れているのです!

 

今回は観光地や穴場スポットとともに、夏の沖縄県の魅力を紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

夏休みに沖縄がおすすめな理由

沖縄、夏、ハイビスカス、花

まず、あなたが想像している「ザ・沖縄」が満喫できる季節がなのです!

 

夏は一年で最も海が美しい時期です。

特に離島の海は透明度が高く、青い空透き通った海白砂の砂浜、このコントラストがたまりません!

 

それに、実は沖縄の気温は本土と変わらないのです。

紫外線は強いのですが、海だと風がつねに吹いているので、気持ちよく泳ぐことができますよ♪

(なるべく日焼けをしたくない人は、水着の上にTシャツを着ることをおすすめします!)

日焼け防止特集も参考にどうぞ!

 

また、マンゴーやパイナップル等の南国フルーツの収穫も、この頃に本格化してきます。

採れたての完熟マンゴーが簡単に食べられ、しかも直売所だと格安で買えることも!

 

観光アクティビティー、と全てにおいて楽しめる季節ではないでしょうか?

 

沖縄でおすすめの観光地5選!

水族館、魚、沖縄、ジンベエザメ

まずは人気・定番のおすすめ観光地を5選紹介!

聞いたことのあるスポットでも、なにか新しい魅力が見つかるかもしれませんよ♪

 

沖縄美ら海水族館

住所:
沖縄県国頭郡本部町石川424
公式HP:
沖縄美ら海水族館 – 沖縄の美ら海を、次の世代へ。-

沖縄に行ったことのない人でさえ存在を知っている、沖縄では定番の観光地ですね。

とにかく規模の大きい水族館で、巨大なアクリルパネル越しに見るジンベエザメは圧巻です!

 

また、水族館のある海洋博公園内には、植物園やプラネタリウム等様々な施設があるので、この場所だけで1日過ごせてしまいますよ♪

 

OKINAWAフルーツらんど

住所:
沖縄県名護市為又1220−71
公式HP:
OKINAWAフルーツらんどで熱帯果樹を見よう 〔沖縄フルーツランド株式会社〕

亜熱帯体験施設として人気のこちらでは、熱帯に住む色鮮やかな鳥日本最大の蝶オオゴマダラ、そして南国フルーツを満喫できる場所です。

 

園内のレストランでは、フルーツだけでなく琉球料理バイキング沖縄そばなどの沖縄王道メニューも味わえます!

入園料なしでレストランのみ利用することも可能ですので、気軽に立ち寄れますね♪

 

壺屋やちむん通り

住所:
沖縄県那覇市壺屋1丁目21−14
公式HP:
沖縄焼物のふるさと 壺屋やちむん通り会

‟やむちん“とは、沖縄の方言で「焼き物」を指します。

賑やかな国際通りにほど近い場所ではありますが、石垣や赤瓦の建物など昔ながらの風景が見られます。

 

最近では伝統的な焼き物だけでなく、現代的なアレンジを加えたものも増えてきていますので、きっとお気に入りが見つかるのではないでしょうか?

また、沖縄ならではの「シーサー」を作れる工房もありますよ!

 

おきなわワールド・玉泉洞

住所:
沖縄県南城市玉城前川前川1336
(玉泉洞も同じ住所)
公式HP:
おきなわワールド

東洋一の鍾乳洞と名高い場所で、洞内の鍾乳石は100万本以上と国内最多になっています。

ライトアップをされていない場所にも綺麗な鍾乳石があるので、じっくりと見て進みたいのなら懐中電灯の持参をおすすめします!

 

また、隣接した「カンガラーの谷」という場所に洞窟カフェがあります。

こちらは洞窟をそのままの形で利用しているだけあって、天井には無数の鍾乳石が!

太古の時が流れる場所でコーヒーなんて、人生でなかなか無い貴重な体験ではないでしょうか?

夏場は非公開エリアを探検するツアーもあるそうですよ!(※要予約)

 

オリオンハッピーパーク

住所:
 沖縄県名護市東江2丁目2−1
公式HP:
オリオンハッピーパーク – オリオンビール

言わずと知れたオリオンビールの工場見学ができます。

ここは無料で見学&試飲ができ、工場内にはビールに合う地元野菜を使った料理を食べられるレストランやオリジナルグッズを買えるお店もあります!

 

日曜日はラインが動いていないため、工場内をじっくり見たい方は平日に行くのがおすすめです♪

Sponsored Link

沖縄の穴場スポットは?

沖縄

「沖縄旅行は行ったことがある」「せっかくだから知らない場所に行ってみたい!」という方におすすめなのが穴場スポット!

あまり聞いたことが無いスポットを取り上げてみましたので、ぜひ検討してみてくださいね♪

 

第一牧志公設市場

住所:
沖縄県那覇市松尾2丁目10−1
公式HP:
公設市場|那覇市第一牧志公設市場 【公式】

本土ではあまり見ることのないカラフルな魚野菜お肉等を販売しています。

もちろんマンゴーパイナップルも購入できますし、その場で家に発送することもできます!

 

ジューススタンドや食堂、そして購入したもので料理してもらえるお店もあるので、沖縄の食文化をたっぷりと堪能できること間違いなし!

フレンドリーな店員さんが多いので、ぜひ地元の方との交流も楽しんで下さいね♪

 

シギラ黄金温泉

住所:
沖縄県宮古島市 上野新里1405-223
公式HP:
シギラ黄金温泉|シギラリゾート|宮古島

水着着用で入るジャングルプールや露天風呂等、数種類のお風呂があります。

海を眺めながら露天風呂に入ったり、デッキチェアやハンモックで一休みしたり…と、とにかくゆっくりしたい人におすすめです!

 

専用露天風呂付の個室もあるので、リゾートホテルにいるかのような気分になれますよ!

 

ビオスの丘

住所:
沖縄県うるま市石川嘉手苅961−30
公式HP:
沖縄の観光スポット|ビオスの丘

亜熱帯の森の中で遊んだり、動物と触れ合ったり、文化を体感したりとこの場所だけで様々な体験ができます。

 

中でもおすすめは、園内の池をカヌーで漕ぎ進みながらの水上散歩!

雨の少ないこの時期だからこそ、ぜひチャレンジしてみたいですね。

もちろん自然の中を散策したり、美味しいごはんを食べたりもできるので、年齢問わず楽しめると思います♪

 

まとめ

実は本土と気温が変わらない沖縄なのですが、やはり日差しと紫外線は特別強いです。

うっかりすると、日焼けではなく火傷で痛い目をみることになりかねません。

 

屋内外で楽しめる場所がたくさんあるので、当日の天気や体調に合わせてプランを立ててくださいね!

きっとまた夏の沖縄に戻りたくなりますよ!

Sponsored Link

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!



 HOTワード: 男ウケ コーデ
PAGE TOP