美容

夏のメイク崩れ防止方法!汗で落ちないコツや対処法まとめ!

女性

夏は汗をかき、メイクが崩れやすくなってしまいます。

 

どんなに工夫をしても、絶対に汗をかかずにいる…なんてこともできないし、夏のメイク崩れはもはや仕方のない現象となっています。

とは言え、少しでもメイク崩れは防止したいですよね!

 

今回は夏のメイク崩れを防ぐためのコツや、メイク崩れをしてしまった場合の対処法を紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

メイクが崩れてしまう原因

メイク

夏場は日差しも厳しく、メイクも崩れやすいと思います。

その大きな原因として考えられるのは、乾燥皮脂の過剰分泌の3点。

 

そもそも、夏の暑い日差しを受けて上昇した体温を調節するために人は汗をかきます。

そのため、メイクが崩れやすくなるというのは、誰もが簡単に想像できる話ですよね。

 

ただ一方で、なぜ乾燥や皮脂の過剰分泌がメイク崩れに繋がるのか、いまいち想像できない人もたくさんいるようです。

これはエアコンの冷房によって、肌が乾燥しやすくなってしまうことが原因です。

 

肌が乾燥してくると、肌水分を保護しようとして、体から皮脂が通常よりも多く分泌させます。

分泌された皮脂とメイクとが混ざり合い、メイクが崩れやすい状態になるというわけです。

 

一言で言うと…

単純にだけが原因ではなく、冷房から肌の乾燥を防ぐために、皮脂の過剰分泌も大きなメイク崩れの原因となっています。

 

汗で落ちないコツは?

女性

やはり、夏のメイク術の考え方としては、汗が吹き出さないようにする方法ですよね。

メイクの前準備からしていくことがおすすめです。

 

洗顔

化粧水

メイク前には必ず洗顔をしてください。寝ている間にも人は皮脂を分泌しています。

更に夏となると、寝汗も普段以上にかいているはず。

ということで、メイクをした時に崩れやすくならないためにも、先に皮脂や汗を洗い流さなければならないのです。

 

ですが、温かいお湯で洗顔はNG

肌への負担が大きくなり、乾燥の原因になってしまうので、少し冷たいと思うようなぬるま湯で洗うのがベストです。

 

アイシング

氷

特に顔表面を冷やしましょう。

暑い部屋で顔から汗をふきだしながらメイクをしても意味がないですよね。

 

冷房のきいた部屋でスキンケアをするのが一番です。

冷房を使えない・使いたくない場合は冷やしたタオルや、市販の冷感タオルを使うのも手です。

 

スキンケア

メイク

肌に水分をしみ込ませることを意識して、水分不足にならないように行うことが大切です。

メイク崩れを防止するためにも、徹底してスキンケアをしてください。

 

☆詳しいスキンケアのコツは以下の記事を参考にどうぞ!

Sponsored Link

暑い時間帯の外出を控える

女性

お出かけの時間をある程度調節ができるようなら、12~16時の間の外出は控えましょう。

あくまで目安ですので、天気予報などで予め気温を調べておくとより良いですね!

 

外に出る時間を少し変えるだけでも、だいぶ違いますよ!

 

こまめに汗を拭く

汗、女性

汗を拭いてしまえば、そもそも汗と化粧が混ざってメイク崩れが起きることもありません。

ハンカチでも良いですが、汗拭きに特化したタオル(タオルハンカチ)やシートの方が効果を発揮してくれます。

 

メイク崩れ防止グッズ

上記の防止方法だけではちょっと…という方は、メイク崩れの防止グッズを手に取ってみるのもおすすめです!

 

化粧崩れ防止スプレー

下地・ファンデーションの最後の締めとして使用します。

値段はだいたい1,000円~2,000円程度。

こればかりはメーカーによってピン切りなので、自分に合ったものを選んでみてくださいね。

 

このスプレーは、汗や皮脂の分泌を押える効果があるので、メイクの持ちは格段に良くなります。

化粧したてのサラサラ感を持続できるだけでなく、保湿成分が配合されているものもあるので、1日中しっとりとしたままメイクも崩れません!

 

ゲルファンデ

続いては「ゲルファンデ」

  • 化粧崩れ防止
  • SPF15++
  • 保湿効果
  • 化粧下地
  • ファンデーション
  • コンシーラー

以上6つの役割を果たしてくれるという優れもの!

化粧崩れ防止以外の役割もあるので、普段使いにも良いですね。

 

洗顔フォーム

化粧崩れ防止は、化粧前でも可能です。

顔の脂浮きを抑えることに特化した洗顔フォームになります。

 

化粧のノリも良くなるとのことで、上記のアイテムと併用してみても良いかもしれません!

 

メイク崩れてしまった場合の対処法

メイク

まず汗をしっかりあぶらとり紙などで取り、顔ではなく体(特に首筋や脇)を冷やします。

汗がひき、体のが取れてからメイク直しをするようにしましょう。

 

この時に、コンシーラーが役に立ちます!

本来はシミなどのカバーが目的のものですが、メイクが崩れてしまった箇所に叩くように当てて補うと綺麗になります。

あくまで応急処置ですが、メイク直しの時間が無い時のためにも、バックに1本入れておくだけで便利ですね!。

 

まとめ

夏場のメイクは女性にとって悩みの種ですよね。

やはり、メイクをする前の準備をしっかりしておけば、メイクは崩れにくくなります。

 

メイク崩れが起きないようにケアしているのも関わらず、メイクが崩れてしまう場合は、汗だけではなく化粧品の使用量などに問題があるのかもしれません。

きちんと理解したうえで、綺麗なメイクで1日を過ごせるようにしましょう!

Sponsored Link

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!



 HOTワード: 男ウケ コーデ
PAGE TOP