レジャー

ロードバイクの女性向けの服装(ウェア)とは?おすすめを紹介!

ロードバイク

ロードバイクの服装(ウェア)というと、ピチピチのタイツの印象が強いですよね。

しかし、自転車に乗るための工夫や着てみてわかる便利性などがあって、一度着てみるともう手放せないぐらいのものになります。

今回は女性におすすめのロードバイク用服装(ウェア)を紹介していきたいと思います!

 

↓ロードバイク本体のおすすめについても紹介しています!

Sponsored Link

女性向け衣服(ウェア)について

クローゼット

まず紹介しておきたいのが、服装…ちょっとかっこよく言うと「ウェア」ですね。

ロードバイクに乗る際に着用するのはジャージと、レーパンと呼ばれるパンツです。

 

ジャージについてですが、学校などで着用タイプとは少し違います。

ロードバイクに乗る際に着用するジャージは「サイクルジャージ」と呼ばれ、特徴としては腰にポケットがついており、様々なものが入るようになっています。

この腰のポケットが重要で、自転車に乗りながらでも物を出し入れがしやすいです。

汗の吸水性、速乾性に優れていてスポーツにはうってつけの生地が使われています。

 

 

続いてはレーパンと呼ばれるパンツについて。

ロードバイクのサドルは軽くするために、スポンジや快適性を度外視しています。

なので、慣れない内はそのまま座って長距離を走ると、次の日お尻がめちゃくちゃ痛い!なんてことも。

そんな時に身につけるレーパンは、お尻部分にクッションが入っていてダメージを軽減してくれます。

これも伸縮性があって吸水性、速乾性がいいのでスポーツにはお勧めです。

ピチピチタイツの印象が強いのは主にレーパンの影響ですね笑

しかしサイクルジャージ以上に重要なウェアなので、ロードバイクに挑戦する際は購入と着用をおすすめします。

 

また、ジャージに関してはレーパンとのセットアップデザインもありますが、性能差はほとんどないので、チェーン店などでお気に入りのデザインを見つけると良いでしょう!

Sponsored Link

靴について

ビンディングシューズ

ロードバイクにはビンディングペダルと呼ばれるペダルがあり、靴とペダルを固定できる仕組みになっています。

靴とペダルを固定…ということで最初は怖いかもしれませんが、慣れると進みやすくなるのがわかりますし、長距離などでも活躍します。

 

ビンディングペダルに固定できる靴を「ビンディングシューズ」と呼びます。

メーカーは主にシマノの靴で、通販サイトのランキングでもよく見かけます。

 

また、靴についている「クリート」と呼ばれる接続部分は消耗品なので、定期的に交換してくださいね。

 

ヘルメットについて

女性

自転車のヘルメットは形が特徴的ですし、ある程度はイメージがつきやすいと思います。

ヘルメットは最終的に自分を守る安全装備なので、ケチってはいけません。

値段はピンからキリまでありますが、具体的な値段で言えば1万円以上は出したいですね。

例に漏れず様々なメーカーありますが、OGKカブトというメーカーはバイク用のヘルメットも作っているヘルメットメーカーなのもあってか、人気を博していてチェーン店でも良く見かける気がします。

 

ほか小物類

女性

さて、自転車のウェアに小物はつきものです。

グローブも必要ですし、冬場なら長袖ジャージも欲しいですね。

 

グローブにも冬用と夏用があって、夏用は指貫で吸水性が高かったりします。

ここは個人の好みで良いと思いますが、グローブも自転車・ジャージなどのデザインを考えて、そん色ないデザインのものを選びたいですね!

 

自転車用のウィンドブレーカーも、自転車に乗る姿勢を考えたところにポケットがついていたりするので、専用のウィンドブレーカーを買うことをおすすめします。

 

まとめ

基本的にウェアは自転車メーカーのものを買い揃えればまとまったデザインになりますが、あまり個性が出なくなりますよね。

自分好みのスタイルに合わせてみるためにも、様々なメーカー・商品を見比べながら色やデザインを選んでいくのが楽しいかもしれません。

それにチェーン店ならディスカウント商品もあるのが魅力ですね!

 

ロードバイク本体のおすすめを確認したい方は以下の記事からどうぞ!

Sponsored Link

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!



 HOTワード: 男ウケ コーデ
PAGE TOP