美容

ノンケミカルの日焼け止めランキング!乾燥しない塗り方も!

日焼け止め

今の時代、日焼け止めはスキンケアの一部となっていますね。

紫外線は夏だけではなく、1年中降り注いでいるので日頃のお手入れも重要です。

 

しかし、そうは言っても日焼け止めを毎日使うのはやっぱり心配。

5年後、10年後の美肌の為に、改めて日焼け止めへの考え方を見直してみませんか?

今回はお肌に優しいと言われている”ノンケミカル”の日焼け止め乾燥しない塗り方を紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

ノンケミカルとはどういう意味?

女性

最近、化粧品は勿論のこと、シャンプーや洗剤までにも”ノンケミカル“という言葉を耳にしませんか?

「ノンケミカルシャンプーだから、地肌に優しいのね」とか「ノンケミカル洗剤だから、手が荒れないのね」とか。

しかし「地肌に優しい」「手が荒れない」=ノンケミカルではありません!

 

そもそもノンケミカルの本来の意味とは、

「日焼け止め商品の成分の中に、紫外線吸収剤が入っていない商品」

を指します。

反対に、紫外線吸収剤が入っている日焼け止めがケミカル。

日焼け止め商品は、このように大きく2種類に分類されます。

 

ケミカルのメリットとデメリット

女性

日焼け止めを選ぶ際、美容に敏感な女性の間ではノンケミカル商品がもてはやされていますが、ケミカルの日焼け止めが悪者というわけではないんですよ。

ケミカルの日焼け止めのメリットは、

  • 伸びがよく塗りやすい
  • 保湿力がある
  • 汗に強く化粧崩れがしにくい
  • 近所の小さなドラッグストアでも買える

と、いったノンケミカル商品の日焼け止めにない利点も沢山あります。

 

ですが、紫外線吸収剤が入っている為に起こるデメリットもあります。

紫外線吸収剤は、紫外線が当たるとそれに反応し、肌の上で化学反応をおこします。

肌が弱い方などはこの反応に耐えられず、皮膚トラブルを起こしてしまうんです。

 

ノンケミカルのメリットとデメリット

女性

まずはノンケミカルのメリットから!

ノンケミカルの日焼け止めは紫外線吸収剤の代わりに「紫外線拡散剤」という成分を使っています。

この紫外線拡散剤は、化学変化を起こさずに肌の上にヴェールを覆うようにして、紫外線を跳ね返してくれるのです。

また、普段の石鹸で落ちる為、お化粧をしていなくてもクレンジングを使う必要がないのです。

 

しかし、デメリットも勿論あります。

それは、「汗に弱い為、小まめに塗り直しが必要なこと」です。

 

ですが、毎日紫外線を浴びる度に化学変化が起こっていると思うと少し恐くないですか?

お肌の事を第一に考えたら、ノンケミカルの日焼け止めをご試用されることをオススメします!

Sponsored Link

ノンケミカルの日焼け止めランキング!

ノンケミカルの日焼け止めって、一体どういう種類があるのでしょうか?

ということで、オススメの日焼け止めをランキング形式で紹介していきましょう!

 

※SPFとPAの意味についてもおさらいしておきましょう!

 

第5位:ヘヴンヴェール(SPF45・PA++++) 

皮脂や汗で崩れにくい成分が配合されています。

美容液成分85%ということで、使うだけでもスキンケアができます!

 

第4位:オルビス サンスクリーン(R)オンフェイス ビューティ ライト (SPF34・PA+++)

「この1本でUVカット・保湿・下地・薄化粧効果の4役を叶える優れもの」という贅沢な日焼け止め。

こちらは美容成分80%となっています!

 

第3位:UVミルクEX( SPF32・PA+++)

ミルクタイプの日焼け止めで、お子さんと一緒に使うことができます。

値段も良心的です。

 

第2位:アミノモイスト ブライトアップベース(SPF47・PA+++)

乾燥肌にも使いやすいタイプの日焼け止め。

肌に優しい11種のアミノ酸が配合されています。

 

第1位:スーパーサンシールド EX(SPF50+・PA++++)

長時間の外出やレジャーに嬉しいSPF50+のノンケミカル日焼け止め。

値段はそれなりに張りますが、その分強力かつ肌に優しい効果が期待できます。

 

肌を乾燥させない裏技

日焼け止め

日焼け止めって塗ると白く浮いて乾燥してしまいますよね。

塗った方がいいのは分かってはいるけど、カサカサになるのが憂鬱…

 

しかし、日焼け止めを塗っても肌を乾燥させない方法があるんです!

それは、ズバリ「保湿」!

スキンケアの段階で保湿を十二分にすることです。

 

保湿が大事!

それではご説明致します。

基本的にスキンケアは、化粧水+乳液等ですよね?

これに、“オイル成分”の化粧品をプラスするだけです。

つまり、化粧水+乳液+オイル+日焼け止め。

一見テカテカになりそうですが、一つ一つの行程を手で丁寧に馴染ませると、肌がふっくらしてくるので問題はありません。

 

☆オススメのオイル成分

オリジナル ピュアスキンジェリー/ヴァセリン

 

化粧水の付け方にも工夫を!

また、化粧水の付け方にもコツがあります。

化粧水は手で着けて、量はタップリ、最後は手で顔をパックするようなイメージで覆うようにして(特にTゾーン以外)約3分間じっくりと馴染ませてください。

(※同様にして他のスキンケア用品も量は適量でいいのですが、手パックで3分をするとお肌に透明感が出てオススメですよ。)

 

乾燥と日焼け止め防止にもなるので、是非試してみて下さいね!

 

まとめ

  • ノンケミカルの本来の意味とは、紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めの事をいう。
  • 紫外線吸収剤とは、紫外線が当たると肌の上で化学変化を起こす為、肌トラブルが起こることもある。
  • ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線吸収剤の代わりに、化学変化を起こすことなく紫外線をブロック出来る、紫外線拡散剤を使用している。
  • ノンケミカルの日焼け止めは、石鹸で落とすことが出来る。
  • 日焼け止めを塗った際、肌を乾燥させない方法として、オイル成分で保湿することが有効である。

 

美は一日にしてならず!

美しい将来の自分の為にも、きちんとケアしてくださいね♪

Sponsored Link

 

関連記事

  1. 秋、ネイル

    美容

    秋ネイルにおすすめのデザイン&カラーまとめ!セルフでのやり方は?

    秋になるとファッションと同様に、ネイルも変えたくなりますよね。…

  2. 美容、二重、女性

    美容

    二重まぶたを自力でするには?おすすめのやり方まとめ!

    二重まぶたって目がぱっちりして見えますし、憧れる方も多いのでは…

  3. メイク、美容

    美容

    グラデーションメイクのやり方!失敗しないコツや動画まとめ!

    今流行りの「グラデーションメイク」をご存知でしょうか?…

  4. ネイル

    美容

    海にぴったりのネイル!セルフでできる簡単な方法とは?

    夏といえば海、海といえば水着!毎年桜が散り、段々と暖か…

  5. 枝毛

    美容

    枝毛の原因はストレス!?おすすめのトリートメントや対策まとめ

    ふと髪の毛先を見てみるとできている「枝毛」…

  6. メイク、マスカラ

    美容

    汗に強いマスカラランキング!落ちない裏技も大公開!

    メイクには欠かせないマスカラ。ですが、気がつくと汗でマ…

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!



 HOTワード: 男ウケ コーデ

Sponsored Link

PAGE TOP