レジャー

おすすめのナイトプール2018!安い&インスタ映えする場所は?

プール

2017年からかなりの注目を集め、各地で開催されていた「ナイトプール

2018年もその人気は衰えず、昨年よりも規模を拡大したナイトプールを用意しているスポットが多くあります。

しかし、多くのナイトプールがあることで、何処へ遊びに行くか迷ってしまいませんか?

 

そこで今回は、値段の安さやインスタ映えするなど、目的別におすすめするナイトプールの紹介していきたいと思います!

Sponsored Link

定番のナイトプール

プール

まずは、定番のナイトプールからの紹介です!

初めてナイトプールへ行く方には、まず定番の場所を選んでみるのも良いのではないでしょうか?

 

ANAインターコンチネンタルホテル東京

住所:
東京都港区赤坂1丁目12-33
利用料(平日):
1人/¥7,000
6:00p.m.以降/¥5,000
利用料(土日祝祭日+8/13~8/17):
1人/¥14,000
※5歳以下の幼児は無料。
ただし、幼児用プールのみの利用
公式サイト:
4FL.ガーデンプール #MUMM BEACH CLUB | 施設のご案内 | ANAインターコンチネンタルホテル東京

2018年6月23日(土)~9月30日(日)の期間中、ANAインターコンチネンタルホテル東京では「#MUMMBEACHCLUB」がオープンします。

シャンパンブランドの「メゾン マム」とのコラボにより、ブラントカラーである赤を基調としたプールは、華やかさを存分に演出しており、テンション上がること間違いなし!

毎週木曜日の夜は有名DJによるプールパーティが催され、MUMMのロゼシャンパーニュと共に過ごす時間はまさにナイトプールの真骨頂とも言えるかと思います♪

 

ホテルニューオータニ大阪

住所:
大阪府大阪市中央区城見1丁目4-1
利用料(平日・日曜):
宿泊利用者 ¥2,000
外来利用者 ¥5,000
レディースデイ ¥4,000
利用料(金・土曜&8/10〜8/16):
宿泊利用者 ¥2,000
外来利用者 ¥5,000
※レディースデイ:毎週月曜日(8/13を除く)
公式サイト:
プールサイドダイニング ザ・テラス「THE TERRACE」|ホテルニューオータニ大阪

近年の人気により今ではすっかりナイトプールはおなじみのイベントですが、メディアなどで騒がれる前からナイトプールをオープンしていたホテルニューオータニはまさに定番と言えるのではないでしょうか?

そのホテルニューオータニ系列の中でも、大阪城を背景にナイトプールを楽しめるのは「ホテルニューオータニ大阪」だけです!

2018年7月14日(土)~9月17日(月)の期間で「THE WATER TERRACE」のオープンを予定しており、今年もラグジュアリーな空間を体験させてくれる素敵なスポットとなっていっています♪

\脱毛サロンのススメ!/ 広告

2018年におすすめのナイトプール

プール

続いては、2018年におすすめのナイトプールの紹介です!

2018年から大規模なテーマで装いを変えたナイトプールや、他のナイトプールと一味違った企画をしているナイトプールをピックアップしてみました♪

 

ラグナシア

住所:
愛知県蒲郡市海陽町2丁目3
利用料:
入園券付き・時間帯などにより異なります(公式サイト参照)
公式サイト:
ラグナシア プール&ナイトプールオープン!【2018年】 | ラグーナテンボス

2018年7月7日(土)~終了日未定でオープンしている、「ラグナシア ナイトプール

昨年の人気から、今年は大人だけでなく子どもも一緒に楽しめる、「ファミリーエリア」が登場するそうです!

大人も特別に感じるナイトプールですから、お子さんにとっても、刺激的で印象に残るプールとなるのではないでしょうか?

時期によっては、夏休みの思い出作りにも良さそうですね!

 

東京サマーランド

住所:
東京都あきる野市上代継600
利用料:
入園券・フリーパス付きなどで異なります(公式サイト参照)
公式サイト:
東京サマーランドに「絶景ナイトプール」が誕生! | 夜景観光コンベンション・ビューロー

今年のサマーランドのナイトプールは一味違っています!

2018年7月14日(土)~9月9日(日)に開催されるナイトプールは(※7月17日~7月20日は除く)「空気」と「水」をテーマにした「絶景・ナイトプール」をオープン!

イタリア「青の洞窟」やタイ「コムローイ祭り」など、光によって生み出された8つの世界各国の絶景が園内に登場し、まさに別世界に来たような体験をさせてくれますよ!

Sponsored Link

安いナイトプールは?

お金、貯金箱

ただナイトプールを楽しむのではなく、さらにリーズナブルを追求したい方へのナイトプールの紹介です!

ナイトプールに興味はあるけれど、値段が高くてなかなか踏み切れない…という方は是非チェックしてみてくださいね♪

 

よみうりランド

住所:
東京都稲城市矢野口4015-1
利用料:
おとな:¥1,500
こども(3歳〜高校生)・シルバー:¥1,000
※日中からプールWAIをご利用のお客様は無料で引き続きお楽しみいただけます。
公式サイト:
大人の贅沢、ナイトプール&プレミアムビアガーデン |プールWAI 東京 よみうりランド

7/14(土)~7/29(日)の土日祝日、8/3(金)~9/2(日)の金土日、8/13(月)~16(木) 計26日間で開催される、よみうりランドの「ナイトプール&プレミアムビアガーデン」では、ライトアップされたプールで昼とは違った雰囲気を楽しむだけでなく、波のプール、スイミングプール、各種スライダーが18:00以降も利用可能となります!

同時開催されるビアガーデンも「ちょっとした贅沢」がコンセプトのため、女性は3,500円(+プール入場料500円)と高すぎない価格設定なのも嬉しいポイントです。

 

大阪城ウォーターパーク

住所:
大阪府大阪市中央区大阪城3-1
利用料(平日):
大人(高校生以上):¥2,500
子ども(3歳~中学生):¥2,000
利用料(土日):
大人(高校生以上):¥2,700
子ども(3歳~中学生):¥2,200
※2018年の情報が公開されていないため、昨年の情報を参考にしています。

2018年の情報がまだ公開されていないため、過去の開催情報を参考にすることになるのですが、大阪駅から電車で10分の好立地にもかかわらず、毎年リーズナブルなお値段でナイトプールを楽しむことが出来るようです!

昨年は7つもの大スライダーが登場し、プロジェクションマッピングで演出される光の中で思い切り遊んだ方もいらっしゃるのではないでしょうか?

2018年も楽しい企画が待っていると思いますので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね!

Sponsored Link

インスタ映え重視のナイトプール

女性、スマホ、夏

ナイトプールと言えばインスタ映えを気に掛ける方は多いかと思います。

実際にナイトプールへ遊び行った方は、SNS上で写真を公開されている方を多く見かけます。

そこで最後に紹介するのは、インスタ映え重視のナイトプールです!

 

東京プリンスホテル

住所:
大阪府大阪市中央区城見1丁目4-1
利用料:
女性:¥4,200
男性:¥6,000
※2018年の情報が公開されていないため、昨年の情報を参考にしています。
※宿泊者は男女ともに¥2,000で利用可能(宿泊当日にホテルでチケットをお買い求めください)
公式サイト:
【公式】CanCamナイトプール2018|東京プリンスホテル

昨年話題だった、CanCamとのコラボナイトプールが2018年も開催されます!

期間は7月7日(土)~9月17日(月・祝)を予定しており、テーマの発表はまだされていませんが、東京タワーを間近で観る事の出来る、GARDEN POOLはそれだけでフォトジェニックな環境であることが分かりますね♪

 

神戸みなと温泉 蓮

住所:
神戸市中央区新港町1-1
利用料(通常期):
[日帰り]2,000円
[宿泊]1,000円
[健康増進メンバー]無料
利用料(夏季(7月1日~9月9日)):
[日帰り]4,000円
[宿泊]2,000円
[健康増進メンバー]無料
公式サイト:
ナイトプール:健康増進|[公式] 神戸みなと温泉 蓮 (ホテル・旅館・日帰り温泉)|ベストレート

2018年5月1日(火)~10月31日(水)より、「神戸みなと温泉 蓮」でのナイトプールが本格始動します!

ライトアップされたプールやクラブミュージックだけでなく、半身浴をしながら絶景を楽しむアクアシートの設置や、人魚になりきれるマーメードブランケットなど、インスタ映えにピッタリの設備が用意されていますよ♪

 

まとめ

近年、人気と知名度が右肩上がりのナイトプール。

その分様々な利用客のニーズに応えられるよう多くの企画と共にオープンしていますので、興味のある方は自分が一番楽しめそうなナイトプールを見付けて、是非楽しんで下さいね♪

Sponsored Link

 

合わせて読まれている記事はこちら!

  リプポ内検索

気になる単語を入力して検索!



 HOTワード: 男ウケ 運動会

  スポンサー検索




PAGE TOP